あなたにしかできない「世界にひとつだけの本づくり」をお手伝いします

よくあるご質問

Q1.見積もりに費用はかかりますか?

A1.お見積もりに費用はかかりません。まずはサイト内の価格の目安ページをご覧いただき、おおよその仕様とご予算をご検討ください。その後お見積もりページより必要事項をご入力のうえご依頼ください。仕様や本の内容、デザインなど、ご検討中のお悩みや疑問・質問などでも構いませんので、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

Q2.正式契約後に金額が上乗せされることはありますか?

A2.基本的にお見積もり時の金額が、制作途中で変更になることはありませんのでご安心ください。ただし、お客様の意向で本の仕様やデザインが大幅に変更された場合や、校正作業が3回以上になった場合などは追加料金が発生するケースもございます。いずれにしても、その都度こちらからご相談させていただきますので、安心してご依頼ください。

Q3.どんな内容の本でも制作できますか?

A3.どんなジャンルの本でも大丈夫です。写真集、絵本、画集、イラスト集、コレクション集、図録などビジュアル系の本から、小説、俳句集、短歌集などの創作系の本、そして自分史、遺稿集、成長記録、ブログ本、記念誌、旅行記、エッセイ集、料理本などのノンフィクション作品、社史、カタログ、マニュアルなどの法人向け書籍まで、本にできる題材であれば、どのようなものでも「特撰本創り」が1冊の本に仕上げます。 まずは商品ラインナップをご覧ください。
※ただし公序良俗に反するもの、過激なアダルト・暴力表現を含む内容の本などは、制作をお断りする場合もあります。

Q4.書籍サイズなど仕様は自由に変えられますか?

A4.もちろん自由に変えていただけます。価格の目安本の仕様ページに掲載していない仕様での制作が可能です。ご予算との兼ね合いもございますので、まずはお問い合わせください。

Q5.どんな原稿を用意すればよいですか?

A5.まずは頭の中にある本のイメージを、メモ帳などに書いて具現化します。簡単なラフ書き程度で構いません。そして、それにはどんな原稿が必要かピックアップしてみてください。文章、写真のデータまたはポジ、絵画やイラストの原版など、意外とこの原稿づくりは大変ですが「本づくりで一番重要な部分」といっても過言ではありません。それらの原稿をまとめ、編集する作業はこちらでお手伝いすることもできますが、お客様の側である程度編集していただければ、イメージ通りの本がスムーズに完成する近道となります。それら本づくりに必要と思われるすべての原稿(文字データ・手書き原稿用紙、写真データ・ポジフィルム、絵画やイラストの原版、、録音テープ、資料、レイアウトやデザインのご希望を書いたメモ用紙など)をメールやFAX、または郵送でお送りください。なお 原稿入稿時の詳しい注意事項などはこちらをご覧ください。

Q6.ほかの書籍などからコピーした原稿でもよいですか?

A6.基本的には、それらのコピーは原稿としてお預かりできません。著作権のあるものはもちろん、文章や写真をそのまま使用・引用することは責任を負いかねます。ただし、参考資料としてであれば添付していただいてかまいません。

Q7.原稿データはどのアプリケーションに対応していますか?

A7.文字データを入稿される場合、テキストデータ、もしくはパソコンのワープロソフトとして代表的なマイクロソフト・ワード、ジャストシステム・一太郎などであれば問題はありません。また、各種ワープロ専用機のデータもご相談に応じますので、ご入稿の際にお使いの機種をお示しください。写真データはJPEG形式やPhotoshop形式など一般的なデジタルデータであれば問題なく対応が可能です。

Q8.デジタルカメラで入稿用の写真を撮る際の注意点は?

A8.お手持ちのデジタルカメラの「高画質モード」以上での撮影をお願いいたします(容量としては2メガバイト以上)。画像形式はJPEG形式、画質は300万画素以上、横および縦サイズが2000ピクセル以上を推奨します。 くわしくはこちらをご覧ください。

Q9.文字原稿は読み直してもらえますか?

A9.本づくり担当のスタッフが、お預かりした原稿をすべて拝見し簡単に校正いたます。文章作成に自信のない方には、表現・用語の統一などについてもアドバイスをいたしますのでご相談ください。さらにライターによるリライト(書き直し)も可能です。

Q10.編集のサポートなどは、やってもらえますか?

A10.もちろん本づくり全般のお手伝いをさせていただきますが、本格的な編集作業やアドバイスは作業効率化のため行っておりません。しかし「特撰本創り」では、ブックデザイナーやエディトリアルデザイナーによる、本格的なデザインのアドバイス・提案を得意としています。

Q11.オンデマンド印刷はどれぐらいの品質レベルですか?

A11.難しい質問ですが、ひと言でいえば「一般的なオフセット印刷に比べ、やや劣る程度」です。しかし「特撰本創り」では10年間にわたりオンデマンド印刷機の研究を重ね、オフセット印刷に迫る高品質を実現できるまでになりました。まずは資料請求をしていただきサンプルをご確認ください。

Q12.完成・納品までの期間はどれぐらいですか?

A12.通常は原稿をいただいてからスムーズに制作作業や校正が進んだとして、1〜2ヶ月くらいとお考えください。ただし、お急ぎの場合は自慢のスピード仕上げで、できる限りの対応をさせていただきます(別途特急制作料金をいただく場合もございます)。

Q13.書店などへの流通はできますか?

A13.「特撰本創り」では自費出版のお手伝いはしておりません。内容が相当なレベルに達していない限り、本を販売するということは容易ではありません。出版にはISBNコードの取得が必要です。ただし国会図書館に納本する場合は、ISBNコードは必要ありません。

Q14.直接会って、打ち合わせをすることは可能ですか?

A14.近隣のお客様であれば別ですが、基本的にはメールと電話・FAXのみでのお打ち合わせに限らせていただきます。それらで支障がないよう、丁寧に、慎重に対応させていただきます。

Q15.完全データを入稿して印刷だけしてもらうことは可能ですか?

A15.すでに内容が確定しており、指定のアプリケーションで制作されている「完全データ」をご用意いただける場合にのみ対応可能です。印刷と製本のみのご依頼となりますので、最小限の費用で制作が可能です。詳しくははこちらをご覧いただいた後に、お問い合わせください。